EPS誌について

(EPS誌)では地球惑星科学分野の論文、特に地球電磁気学・超高層学・宇宙科学・地震学・火山学・測地学・惑星科学分野の論文を扱っています.また、EPS誌は新領域・境界領域および機器開発などの論文投稿も歓迎いたします. EPS誌で受け付けるのは原著論文のみで、レビュー論文は扱っていません.もっと読む

Impact Factor (2017): 2.773
5-Yr Impact Factor (2017): 2.288
Editorial Board
編集長
小川康雄
東京工業大学

ブログ記事


ニュース

2018.11.20

2018 EPS Excellent paper Award推薦のお願い

EPS(Earth, Planets and Space)誌では、2015年にEPS Excellent Paper Awardを創設しました。 現在、2018年EPS Excellent Paper Awardの推薦を受け付けております。 対象となる論文は、2013年から2017年にEPSで出版された全ての論文です。 賞にふさわしい優れた論文の推薦をお願いします。推薦は下記のフォームに沿ってメールにてお送りください。 推薦の締め切りは2018年2月20日です。 eic_veic[at]eart… もっと読む

2018.08.28

APCの改定について

EPS誌は、2018年9月1日にAPCを改定いたしますので、ご注意ください。ただし、9月1日が土曜日であるため、実際の投稿システムの変更は日本時間で8月31日(金)の夜から翌日未明かけて行われる予定です。正確に9月1日の0時0分(UTC)ではありません。旧APCで投稿をお考えの方は、余裕を持って投稿をお願いします。 掲載料改定に伴い、支払オプション選択についても一部手順が変更になりますので、2018年9月1日以降に再確認をお願いします。会員向け Submission Code も変更になります。 もっと読む

2018.06.27

EPSの2017インパクトファクターが発表されました

2017年のインパクトファクターが発表されました。 EPSは 2.773です。 2-year Impact Factor5-year Impact Factor 20172.7732.288 20162.2432.080 20151.8712.038 20141.3281.791 20133.0561.834 20122.9211.703 20110.7951.025 20101.1121.112 20091.0741.233 20080.7940.991 20071.1881.161 IFの推… もっと読む

EPS誌の共同出版学協会

これら5学会は日本地球惑星科学連合の団体会員(地球惑星科学関連学協会)です。