SpringerOpenからEPS誌に論文を投稿する

EPS誌はSpringerOpenから論文投稿を受け付けています。 EPS誌は地球科学、惑星科学に関連する研究、特に地磁気、航空宇宙、宇宙科学、地震学、火山学、測地学、惑星科学などに関連した研究テーマの科学論文の投稿を受け付けています。 論文をEPS誌に提出する前に、このページの投稿ガイドラインをよくお読みください。

論文の種類とガイドライン

EPS誌は以下の論文を受け付けています。 それぞれの種類のリンクをクリックして、SpringerOpen上で投稿ガイドラインをご確認ください。

テンプレートとフォーマット

論文の投稿にあたり、以下のテンプレートをダウンロードしてご使用ください。MS Word、TeX、Class、Styleテンプレートをご用意しています。

MS Wordで投稿する
MS Wordフォーマットで論文を投稿される場合は、以下のテンプレートをダウンロードしてご利用ください。

TeXファイルで投稿する
TeXで投稿する場合は、以下のテンプレートを利用し、LaTeXテンプレートファイル (eps.tex) をclassファイル (eps.cls) およびstyleファイル (lineno.sty)とあわせて使用ください。TeX原稿による投稿プロセスでは、メインのTeXファイルに加え、別ファイルとしてbib/bbl を投稿してください。また、著者自身でTeX原稿をPDFに変換し、’Reference PDF’というファイル名で補足資料として投稿してください。このPDFファイルは、著者の希望する論文レイアウトのチェックに用いられます。TeX原稿において、全ての図は文中ではなく、原稿の最後に配置してください。

Express Letter のワード数制限

Express Letter は、本文および図表キャプションを含めて5,000ワード以内、図・表5枚以内の制限があります。

投稿時のIn Reviewオプション

EPS誌では、投稿時にIn Reviewオプションを選択することにより、Springer Nature社が参画する Research Square のプラットフォームに於いてDOIが付与されたプレプリントサーバーと査読過程可視化を利用することができます。 In Reviewの分野はGeophysics, Planetary Science, Seismology, Volcanology, Space Explorationなどから著者が選択することができ、複数の分野も選択可能です。

論文掲載料(日本に居住する方のAPC)

5学会会員 非会員
Full Paper/Express Letter/Technical Reports $1401.25 $1475

会員向け論文掲載料は責任著者(corresponding author)がEPS誌を共同出版する5学会の会員である場合に適用されます。

(注1)投稿者の居住国によって、£935/$1475/€1200のいずれかが適用されます。5会員の場合、ここから5%の割引が受けられます。
(注2)APCには居住国の消費税 (VAT)が課せられます。
(注3)論文受理時に論文掲載料の支払いを行いますが、クレジットカード払いと請求書による外国送金から選択できます。請求書による支払いを選択すると、別途手数料(US$75)が必要となります。

会員価格の適用について

■新規投稿時
・Publication Charges page
説明を読後、「View Publication Charges」をクリックします。
・APC Agreement page
1番目のオプション 「I accept responsibility for paying the £935/US$1,475/€1,200 processing charge on this article or believe that I am covered by a Springer Nature Open Access agreement」を選択し「Confirm」をクリックします。
これまで論文を投稿する際に求められていたCode入力は不要です。誤ってコード入力した際には「コード無効」とのエラーメッセージが表示され、投稿手続きを完了することはできません。
APC Agreement page において、所属する研究機関がBMCもしくはSpringerOpenのmembership accountを持っている場合は2番目のオプションを選択してください。論文掲載料の免除や減額を申請する場合は3番目のオプションを選択し理由を入力してください。
■受理後
論文がアクセプトされた後、Corresponding Authorに論文出版のための手続きを促すメールが送られます(これはAccept Letterではありません)。そのメール内の「リンク」をクリックします。
・Select country page
在住している国を選択します。
・Open access information page
Article Processing Charge(APC)に関する現時点での情報(APC定価)が表示されます。APCのToken*をお持ちの方は入力し、「Apply」をクリックするとToken適用後の価格になります(Tokenは包括契約のある大学等、所属機関から配布されるもので、これまで投稿時に入力していた会員用のCodeのことではありません)。確認して、「Next」をクリックします。
・Institution or University page
ご所属先の機関名を選択してください。リストにご所属先の名称がない場合にはマニュアルで入力してください。選択・入力後「Next」をクリックします。
・Confirm your eligibility status page
入力いただいた所属機関に基づいたAPCの情報が表示されます。取り決めがない機関の場合、APCは変わりません。確認後「Next」をクリックします。
・Journal partners page
ジャーナルを保有、提携する学会による会員向けのAPCの免除・割引措置など、特定の対象に向けたジャーナル固有のAPC優遇制度がある場合「Journal Partners」としてその措置を行う団体名(学会名)が表示されます。その団体によるAPCの免除、割引措置を希望する場合、表示された団体名をクリックし、入力欄に会員番号等を入力してください。確認・入力後「Next」をクリックしてください。
・Check your answers page
ここまでの入力、確認内容が表示されます。確認・入力後「Next」をクリックし、Submit for Approvalボタンを押してください。

出版に向けての手続きについて

上記で入力された情報を元に、会員認証が完了するとAPC確定のメールが送られます。そのメール内の「リンク」をクリックします。
Agree to publish page
出版合意書publishing agreement (License to Publish)を作成するため、Corresponding Authorのご所属先について当てはまるものを選択してください。日本の国内機関所属の著者は“Neither of the above”を選択します。その後、「Generate publishing agreement」をクリックします。
出版合意書publishing agreement (License to Publish)が作成、表示されます。画面をスクロールして内容を確認してください。問題がなければチェックボックスにクリックを入れて、「I agree and submit」のボタンをクリックします。
・permission to publish complete page
出版合意書(License to Publish)作成のプロセスが完了します。著者控えとして、「Download agreed publishing agreement」をクリックして、合意書をダウンロードしてください。
 ※このあとに支払い手続きを行うためのご案内が続きます。

支払いオプションに関する重要事項

SpringerOpenで論文投稿プロセスを進むと論文掲載料の支払いオプションの画面にて、以下の3つの支払いオプションが提示されます。
  • I accept responsibility for paying the €1,200 processing charge on this article
  • I believe that I am covered by an institutional membership arrangement and wish to request institutional payment or discount (as applicable)
  • I would like to request a waiver of the article-processing charge for this article
論文掲載料の減額措置を最大限に受けるためには、それぞれの著者の状況に応じた適切な支払いオプションを選ぶ必要があります.以下の条件を上から順に確認いただきますよう、お願いいたします.
[共通事項]
  • 著者の居住国がSpringer社の定める免除国である場合は3番目のオプションを選択し、Reasonにその旨記入してください。
  • 著者の居住国がSpringer社の定める免除国でない場合でも論文掲載料の免除・減額を申請することができます。3番目のオプションを選択し、Reasonに定められた論文掲載料の支払いができない理由を記入してください。
  • SpringerOpenのmembership accountを持っている場合、あるいは所属する研究機関がSpringerOpenのmemberあるいはsupporter memberである場合は、2番目のオプションを選択してください。
[5学会会員]Full Paper/Express Letter/Technical Reports
EPS誌を共同出版する5学会の会員である場合は、論文投稿プロセスの前段階で所属学会や会員番号情報を入力した上で、上記支払オプションの中から2番目のオプションを選択して、学会から渡されたSubmission Codeをaccount numberとして入力してください。
[非会員]Full Paper/Express Letter/Technical Reports
1番目のオプションを選択してください。
フロンティアレター
編集委員長に招待された Frontier Letter の著者は、論文タイプに Frontier Letter を選択すれば “No payment is required as this article is of type frontier letter“と表示されます。この場合は、招待論文の投稿であることと論文掲載料が無料であることをカバーレターに明記してください。