EPS誌について

Earth, Planets and Space(EPS誌)では地球惑星科学分野の論文、特に地球電磁気学・超高層学・宇宙科学・地震学・火山学・測地学・惑星科学分野の論文を扱っています。また、EPS誌は新領域・境界領域および機器開発などの論文投稿も歓迎いたします。EPS誌で受け付けるのは原著論文のみで、レビュー論文は扱っていません。

EPS誌広報リーフレット2017年版 | EPS誌広報メール2017年
IF: Impact Factor,    SJR: SCImago Journal Rank,    SNIP: Source Normalised Impact per Paper

EPS誌の特徴

EPS誌のバックナンバーの取り扱いについて
1998年~2013年までにテラ学術図書出版で出版されたEPS誌の論文は、SpringerLinkでオープンアクセス電子出版となっています。これらバックナンバーはテラ学術図書出版のEPS誌HPでも閲覧することができます。なお、EPS誌の継続前誌であるJournal of Geomagnetism and Geoelectricity (JGG誌)およびJournal of Physics of the Earth (JPE誌)についてはJ-Stageで閲覧することができます。また、創刊以来の全バックナンバーについて国立国会図書館にもアーカイブされており、館内で閲覧可能となっています。
EPS誌運営委員
  • 馬場聖至
    地球電磁気・地球惑星圏学会
     
    kbaba(at)eri.u-tokyo.ac.jp
  • 吉村令慧
    地球電磁気・地球惑星圏学会
    ryokei(at)eqh.dpri.kyoto-u.ac.jp
  • 三宅弘恵
    日本地震学会
     
    hiroe(at)eri.u-tokyo.ac.jp
  • 岩田貴樹
    日本地震学会
     
    tiwata(at)tokiwa.ac.jp
  • 市原美恵
    日本火山学会
    ichihara(at)eri.u-tokyo.ac.jp
  • 前野深
    日本火山学会
    fmaeno(at)eri.u-tokyo.ac.jp
  • 福島洋
    日本測地学会
    fukushima(at)irides.tohoku.ac.jp
  • 大坪俊通
    日本測地学会
    t.otsubo(at)r.hit-u.ac.jp
  • 生駒大洋
    日本惑星科学会
    ikoma(at)eps.s.u-tokyo.ac.jp
  • 佐々木晶
    日本惑星科学会
    sasaki.sho(at)nao.ac.jp
EPS誌運営委員補佐
  • 天野孝伸
    地球電磁気・地球惑星圏学会
    amano(at)eps.s.u-tokyo.ac.jp
「EARTH, PLANETS AND SPACE」誌・学会間内規

EPS誌は日本学術振興会の科学研究費助成事業(研究成果公開促進費)の国際情報発信強化(251001)による支援を受けています。


EPS誌の共同出版学協会

これら5学会は日本地球惑星科学連合の団体会員(地球惑星科学関連学協会)です。