EPS誌について

Earth, Planets and Space(EPS誌)では地球惑星科学分野の論文、特に地球電磁気学・超高層学・宇宙科学・地震学・火山学・測地学・惑星科学分野の論文を扱っています。 また、EPS誌は新領域・境界領域および機器開発などの論文投稿も歓迎いたします。 EPS誌で受け付けるのは原著論文のみで、レビュー論文は扱っていません。

EPS誌広報メール2018年 | EPS誌広報リーフレット2017年版 | EPS誌広報メール2017年
IF: Impact Factor,    SJR: SCImago Journal Rank,    SNIP: Source Normalised Impact per Paper    (Updated on June 21st, 2019)
 

EPS誌の特徴

EPS誌のバックナンバーの取り扱いについて

1998年~2013年までにテラ学術図書出版で出版されたEPS誌の論文は、SpringerLinkでオープンアクセス電子出版となっています。 これらバックナンバーはテラ学術図書出版のEPS誌HPでも閲覧することができます。 なお、EPS誌の継続前誌であるJournal of Geomagnetism and Geoelectricity (JGG誌)およびJournal of Physics of the Earth (JPE誌)についてはJ-Stageで閲覧することができます。 また、創刊以来の全バックナンバーについて国立国会図書館にもアーカイブされており、館内で閲覧可能となっています。
 

EPS誌運営委員会

運営委員会 議長
  • 三宅 弘恵
    日本地震学会
    hiroe (at) eri.u-tokyo.ac.jp
 
運営委員
  • 加藤 雄人
    地球電磁気・地球惑星圏学会
    yuto.katoh (at) tohoku.ac.jp
     
  • 吉村 令慧
    地球電磁気・地球惑星圏学会
    ryokei (at) eqh.dpri.kyoto-u.ac.jp
  • 齊藤 竜彦
    日本地震学会
    saito-ta (at) bosai.go.jp
     
  • 長谷川 健
    日本火山学会
    takeshi.hasegawa.paul (at) vc.ibaraki.ac.jp
  • 市原 美恵
    日本火山学会
    ichihara (at) eri.u-tokyo.ac.jp
  • 板場 智史
    日本測地学会
    itaba-s (at) aist.go.jp
  • 風間 卓仁
    日本測地学会
    takujin (at) kugi.kyoto-u.ac.jp
  • 玄田 英典
    日本惑星科学会
    genda (at) elsi.jp
  • 矢田 達
    日本惑星科学会
    yada (at) planeta.sci.isas.jaxa.jp
 
運営委員 補佐
  • 臼井 洋一
    地球電磁気・地球惑星圏学会
    yoichi (at) jamstec.go.jp
 

EPS誌に関するその他の情報


EPS誌の共同出版学協会

これら5学会は日本地球惑星科学連合の団体会員(地球惑星科学関連学協会)です。