EPS誌について

(EPS誌)では地球惑星科学分野の論文、特に地球電磁気学・超高層学・宇宙科学・地震学・火山学・測地学・惑星科学分野の論文を扱っています.また、EPS誌は新領域・境界領域および機器開発などの論文投稿も歓迎いたします. EPS誌で受け付けるのは原著論文のみで、レビュー論文は扱っていません.もっと読む

Impact Factor (2017): 2.773
5-Yr Impact Factor (2017): 2.288
Editorial Board
編集長
小川康雄
東京工業大学

ブログ記事


ニュース

2018.08.28

APCの改定について

EPS誌は、2018年9月1日にAPCを改定いたしますので、ご注意ください。ただし、9月1日が土曜日であるため、実際の投稿システムの変更は日本時間で8月31日(金)の夜から翌日未明かけて行われる予定です。正確に9月1日の0時0分(UTC)ではありません。旧APCで投稿をお考えの方は、余裕を持って投稿をお願いします。 掲載料改定に伴い、支払オプション選択についても一部手順が変更になりますので、2018年9月1日以降に再確認をお願いします。会員向け Submission Code も変更になります。 もっと読む

2018.06.27

EPSの2017インパクトファクターが発表されました

2017年のインパクトファクターが発表されました。 EPSは 2.773です。 2-year Impact Factor5-year Impact Factor 20172.7732.288 20162.2432.080 20151.8712.038 20141.3281.791 20133.0561.834 20122.9211.703 20110.7951.025 20101.1121.112 20091.0741.233 20080.7940.991 20071.1881.161 IFの推… もっと読む

2018.05.22

授賞式:2017年EPS各賞

2017年のEPS各賞の授賞式が、JpGU2018 開催機関中の Editorial Board Meeting にて執り行われました。 EPS Excellent Paper Award 2017 Yoshifumi Saito, Masaki N. Nishino, Masaki Fujimoto, Tadateru Yamamoto, Shoichiro Yokota, Hideo Tsunakawa, Hidetoshi Shibuya, Masaki Matsushima, Hisay… もっと読む

EPS誌の共同出版学協会

これら5学会は日本地球惑星科学連合の団体会員(地球惑星科学関連学協会)です。